今までと変化が見えたらプレ更年期かも・・・。「のぼせ・汗」について

 

突然、頭部だけカーッとのぼせて心臓がどきどきしたり、頭や首から汗が出て止まらなくなったりなんか・・・。

 

のぼせて汗をかいたと思ったら、急に寒くなってからだが冷えてしまうなんてこともありますよね。

 

 

のぼせ・汗の原因

のぼせや発汗は、自律神経の失調が原因のことが多く、おもにエストロゲン(卵巣ホルモン)低下にともなってあらわれます。40代の人はぷれ更年期、30代以下の人は卵巣機能の低下といっても大丈夫でしょう。

 

自律神経は女性ホルモンのバランスに影響されやすく、卵巣機能の低下によって自律神経の低下によって自律神経失調の症状が出ることもあります。30代以下では卵巣機能の低下だけで、のぼせまで出ることは少ないのですが、卵巣機能低下に強いストレスが加わって緊張状態が続くと、のぼせや発汗が症状としてあらわれます。

 

自律神経失調状態では、のぼせ、発汗と冷えが交互におきることあって、体調の急激な変化に驚き不安になる人も多いようですね。また、焦った緊張してりすればするほど、症状がひどく出ることもあって、のぼせや発汗は精神的なものも影響する症状になります。

 

 

のぼせ・汗の改善法

ひどいのぼせ、動悸、発汗があったら、まずは心臓などの病気、糖尿病、甲状腺機能低下症などがないことを、病院を受診してチェックしてください。病気でなければやっぱり卵巣機能の低下や、自律神経失調症でしょう。

 

症状と本人の気になり方に応じて、自律神経失調剤や、女性ホルモンを安定させり低用量ピルやエストロゲン剤を処方します。のぼせ、発汗、動悸などの自律神経系の症状は、精神的な面が強く影響するため、軽い精神安定剤などを処方すると、改善されるケースもあります。また、自分のタイプに合った漢方薬を上手に使う方法もあります。ストレスが強い、悩みがある、緊張しやすいなどの問題を抱えている人は、カウンセラーなどに相談してみるのもいいのかもしれませんね。

 

精神的に安定すると、症状が軽くなることもあります。さらに、症状を軽くする日常生活の工夫をすることも大切になります。

 

 

日常生活においてのアドバイス

ひどいのぼせ、動悸、発汗があったら、まずは心臓などの病気、糖尿病、甲状腺機能低下症などがないことを、病院を受診してチェックしてください。病気でなければ、やはり卵巣機能の「低下や自律神経失調症でしょう。症状と本人の気になり方に応じて、自律神経失調剤や、女性ホルモンを安定させる低用量ピルやエストロゲン剤を処方します。

 

のぼせ、発汗、動悸などの自律神経系の症状は、精神的な面が強く影響するために、軽い精神安定剤などを処方すると、改善されるケースもあります。また、自分のタイプに合った漢方薬を上手に使う方法もあります。ストレスが強い、悩みがある、緊張しやすいなどの問題を抱えている人は、カウンセラーなどに相談してみるのもいいかもしれません。

 

精神的に安定しますと、症状が軽くなることもあります。さらには、症状を軽くする日常生活の工夫をすることも大切になります。