疲労のファーストサインの「むくみ」について

 

夕方から夜になると、足がむくんでパンパンに・・・。もっとひどいときは、朝起きてもまだ足がむくんでいたり、鏡を見てびっくり!!顔がパンパンに張っているなんてことも・・・。

 

 

むくみの原因

年を重ねるごとに新陳代謝は少しずつ低下します。

 

筋力も、卵巣機能も落ちてくるにもかかわらず、十分な運動量を確保できない・・。すると体内の循環が悪くなり、大量の水分が本来は必要としないところにたまってきてしまいます。これがむくみの原因になります。

 

細胞内に必要な水が十分あるときは、肌はつやつやでピンと張っています。でも、むくんでいるときは細胞内の水が多く細胞内には必要な水分がはいっていないので、かえって肌は脱水症状をおこしていてカサカサと乾燥気味になります。むくみは、疲れて体調が低下すると、最初にnおこるからだのSOSになります。

 

また、生理前におこる月経前症候群(PMS)の症状のひとつでもあります。生理前におこる女性ホルモンの変動のためむくみやすく、体重が1〜2キロ増える人もいますが、生理が始まると解消します。

 

 

むくみの改善法

夕方から夜に足などがむくむのは、よくおこることなので心配はありませんが、朝、顔がむくんでいる、足がパンパンに張っているなどは、かなり体調が悪い証拠になります。心臓や腎臓、甲状腺などが悪い可能性もありますので、病院を受診してください。

 

生理周期による女性ホルモンの変動やつかれや運動不足によっておこるむくみは「休みたいなー」というからだのサインになるので、睡眠を十分とることが大切になります。また、むくむからといって水分をとらないのは間違いなのです。

 

体内の必要なところには水分がなく乾燥しているわけですから、むくんでいるときこそ、ミネラルが豊富な水分をたっぷりとってください。水分を制限すると血液ドロドロになって血栓症をおこしやすいので注意が必要になります。

 

そして、不必要な水分を排出するために、汗をかくことが大事になります。手っ取り早いのは入浴になります。そしてむくみやすい人ほど、運動は習慣にしたいものです。深呼吸もおすすめです。胸部の筋肉は大きいので呼吸筋をよく使うと、運動にもなり、血行改善にも役立ちます。ウォーキングや逆立ちも血行促進にもぜひおすすめです。

 

 

日常生活においてのアドバイス

神経を休めて汗を出すには、いつもより長めの半身浴でゆっくりリラックスして、じっくり汗を出しましょう。水分を体外に排出するには利尿作用のあるお茶を飲みましょう。なかでもフェンネルとセージは利尿作用に優れています。

 

またローズヒップは利尿作用+びたみン剤にも最適です。ウコンは利尿作用+肝臓を守ってジンジャーは利尿作用+からだをあたためる効果もあります。アロマオイルにも利尿作用に優れたものがたくさんあります。

 

足や腕の血液を心臓に戻すように、ゆっくりマッサージしましょう!ローズマリー、ジュニパー、、サイプレス、ゼラニウムなどがおすすめになります。生理前のプロゲステロンの分泌が多い時期はとてもむくみやすいので塩辛いものをセーブして、腹八分で消火器を休めましょう。腎臓、肝臓の働きを高めることがむくみ対策になります。