冷えは万病のもと。慢性にしないでしっかり治しましょう!

 

からだ全体が冷える、手足だけが冷たい、上半身がのぼせて下半身が冷える・・・、などなど。

 

ひと口に「冷え」といっても多様多種になります。ほてり、のぼせも冷えの前兆になります。クリニックやサロンに来る人で、冷えのない人はいないほど季節にかかわらず増えています。

 

 

冷えの原因

冷えは女性ホルモンに大きく関係しています。

 

女性ホルモンのうち、プロゲステロン(黄体ホルモン)は体温を高める働きがあります。排卵のあとから生理まで、プロゲステロンの分泌が多い時期は、高温期といってひと月のうちで体温が高い時期にいなります。プロゲステロンは受精卵を着床させて妊娠を維持するために大切なホルモンで、妊娠中はプロゲステロンが多く分泌されるため、体温が0,5度程度高くなります。

 

ストレスなどにより卵巣機能が低下して、このプロゲステロンとエストロゲンの分泌が正常にいかないと、血流の調節をする自律神経も乱れてしまい、血液の循環が悪くなり「冷え」という症状をおこすのです。また、冷えには心臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺機能低下など、隠れた病気がある場合もありますので、一度、病院でチェックしてもらうことをおすすめします。

 

 

冷えの改善法

血のめぐりが悪ければ、冷えを自覚していなくてもそれは「冷え性」予備軍になります。血行が悪いことでほてりやのぼせることもおこります。

 

隠れた病気がないことをチェックしたら、ほとんどの冷えは女性ホルモンの分泌バランスが悪く、卵巣の機能が低下しているためといっていいでしょう。医学的には卵巣機能を回復させる手立てとして、まず低用量ピルなどのホルモン剤を使います。

 

また卵巣機能低下が著しく無月経や生理不順などがあれば、血液検査でホルモンチェックを行いエストロゲン単剤補充、ホルモン補充療法などを行います。また、日常生活アドバイスで紹介するサプリメントや自分のタイプに合った漢方薬などを上手に使うことで卵巣機能を正常に戻して冷えを改善できる場合もあります

 

 

日常生活においてのアドバイス

食べ物のエネルギーを燃やし熱に変えてくれるビタミン、ミネラルが不足すると血行が悪くなります。最近の食物には、ビタミン、ミネラルがたっぷり含まれていないものが多く、必要量が食事だけでとれないのが現状かと思います。冷えには、ビタミンBコンプレックスを筆頭に、コエンザイムQ10、ビタミンEが効きます。

 

血行を促すもっとも効果的な方法は運動になります。筋肉を動かして全身の血をすみずみまで送りたいですね。メンタルケアにも運動は大事になります。ウォーキング、気功、ヨガ、ストレッチなど、ゆっくりとした動きで心身のバランスをとれるものを選びます。足浴や半身浴も習慣化しましょう。

 

ニキビでお悩みの方はしろ彩口コミを是非チェックしてみてください。