「それって女性ホルモンが影響しているのかも・・・。」頭痛について

 

こめかみや頭を締め付けるような痛み、生理前後のずきんずきんと脈を打つような痛み・・・。

 

また視野がゆがんだり、痛みの前触れがあるようなひどい頭痛も・・・。

 

 

頭痛の原因

頭全体やこめかみを締め付けるように痛み、頭痛に加えて首や肩の痛みもともなうような頭痛は、緊張型頭痛になります。肩こり同様、疲れ、ストレス、仕事などで緊張状態が長く続くことが原因の頭痛です。

 

頭痛の90%以上は頭蓋の外が原因で、脳外科などで検査をしても、頭蓋内の脳腫瘍や出血などはっきりした原因が見当たりません。また、生理前後に起こるずきんずきんと脈を打つような頭痛は血管拡張性の頭痛になります。
生理の周期によってホルモンバランスが乱れて自律神経が失調気味になると血流のバランスがとれないで、血管が開いて痙攣をおこすことによって痛めます。めまいなどが一緒におこることもあります。

 

ほかには視野のゆがみや白っぽい光が走るなど、なんらかの前触れが起きた後にひどい頭痛に襲われる場合は、習慣性、反復性のある片頭痛の可能性があります。

 

 

頭痛の改善法

片頭痛の場合は、ほうっておくと痛みは増強してきますので、女性外来、頭痛外来などを受診しましょう!

 

片頭痛によく効く専用薬があります。ほかにも市販の鎮痛剤を飲んでも治まらない、何度も繰り返す習慣性の頭痛になっている場合は、一度も脳神経外科受診をおすすめします。

 

それ以外の緊張型頭痛には、鎮痛剤、漢方薬などを病院で処方してもらい、痛みを繰り返さないようにすることが大切になります。痛い時は頭を冷たいタオルなどで冷やします。また滞った血液の流れをよくして、筋肉をリラックスさせるための入浴、運動など、日常生活の工夫をおすすめします。

 

また生理の前後におこる頭痛には、痛みをとめるために、血管の正常な収縮を促す薬を処方します。女性ホルモンのバランスが悪い人には、低用量ピルなどホルモン剤を処方することもあります。

 

 

日常生活においてのアドバイス

消火器の不調、便秘、おなかの張りは、頭痛に連動します。腹八合目で、食べ過ぎに注意しましょう!

 

アルコール、カフェインのとりすぎもからだを疲れさせ、痛みの原因になります。頭痛時には肝臓を強化するハーブや食べ物をとりましょう。特に「アザミ系」サプリメントやウコンのハーブティーは有効になります。