【※アラサー女子必見】女性の体のお悩みについて解決法を提案します!!

 

こちらのサイトは女性の体のお悩みについて一緒に解決していきたいと思いたく開設致しました!

 

私はいま30代半ばなのですが、これまで30何年間生きてきて体験してきたことについて触れていき改善法を一緒に学んでいきたいと思います!まずは腰痛についていきましょう!

 

 

腰が痛い・・・。

なんとなく重たいと感じる程度の痛みから、痛みで寝ているのもつらいという人もいますよね・・・。

 

階段の上り下がりができない、座っていられないなど、日常生活に支障をきたすことも多く、肩こりについで悩みの多い症状のひとつになります。

 

 

腰痛の原因

腰痛の原因には、生理周期や婦人科系の臓器(子宮など)が関係する痛みと、肩こり同様、筋肉の疲れ、緊張、また脊椎の問題によるものなどが考えられます。まず、婦人科系で、排卵時から生理前に痛むのは下系前症候群(PMS)が考えられますし、生理時の痛みは、骨盤内の臓器になんらかの異常がある場合も考えられます。

 

子宮後屈といって子宮が後ろに傾いてる人は、腰が痛くなりやすく、生理痛を訴える人も多いようです。また、肩こり同様の筋肉のこりによる痛みは、ストレスやハードワークで疲れや緊張がたまり、血行が悪くなることが原因になります。腰椎や筋肉の痛みは、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニアなどの整形外科的な病気も考えられます。

 

 

腰痛の改善策

毎月、生理の周期ごとに婦人科系の腰痛を感じたら、一度は婦人科を受診してください。PMS、子宮後屈、子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内炎症が原因で骨盤内に癒着をおこして腰が痛むこともあります。場合によっては手術治療も必要になりますが、手術を必要とするほどではない腰痛には、低用量ピルでがよく効きます。

 

低用量ピルは女性ホルモン分泌を一定にするので、排卵、生理による血液の循環が安定してうっ血を解消します。また、生理痛によく効くピクノジェノールなどのサプリメントもあります。

 

疲れや運動不足による血行不良と神経の緊張がもたらす筋肉の緊張が原因なら、痛みを緩和させる働きかけが必要になります。ひどい痛みの場合は整形外科などで診察を受けましょう。骨や神経に異常がない場合は、まずは痛みを我慢せずに緩和剤や消炎鎮痛剤を飲んで痛みを軽減させます。

 

その後に、生活の見直しや腹筋や背筋を鍛えることも必要になります。長期間にわたってからだへの力の掛け方にかたよりがあると、骨盤にゆがみがおこっていることも・・・。

 

ストレッチや運動でバランスを調整してください。筋肉の疲れによる腰痛には、神経を安定させ痛みを抑えるセントジョーンズワートなどのハーブサプリメントがおすすめになります。

 

 

日常生活においてのアドバイス

腰痛には体をあたtメルことが最も大事になります。お風呂は最高のケア方法になります。暑い日、寒い日に関係なく半身浴がおすすめになります。また腰痛や温シップでも痛みは和らぎます。夏でも腰が痛い時はカイロを当ててあたためるくらいの気持ちで行いましょう。

 

また、豆類は肝臓の働きを強めて血液を浄化して血行をよくします。大豆、小豆、黒豆などの乾物豆を戻して甘くせずに煮て食べて、スープやみそ汁に入れてもいいですね。戻した豆を炊飯器でお米と一緒に炊いてもいいですね。美味しくて腰にいい豆ごはんになります。

 

急性腰痛症などの強い痛みをともなう腰痛症でなければ、もちろんアロママッサージもOKです。ラベンダー、ローズマリー、マジョラム、ジンジャーなど、体を温めるマッサージオイルで腰周辺を軽く繰り返しマッサージします。

 

お肌の黒ずみが気になってる人にはホワイトラグジュアリープレミアムがおすすめです!